« 2月20日 法被バースデー to 勇君 | トップページ | 2月21日 法被バースデー to 山川さん »

令和元年7月28日 太子山田の夏祭り(三番叟編)

今回の記事は、令和元年7月28日に行われた太子山田の夏祭りから、宮入後に行われた三番叟の様子をお伝えします。科長神社への宮入り順はクジ引きで決められ、その1番を引いた地区が三番叟の担当となります。三番叟(さんばそう)とは、日本の伝統芸能。式三番(能の翁)で、翁の舞に続いて舞う役、あるいはその舞事 だそうです。

令和元年の担当は西町でした。

団長の口上で始まります。
DSC_4859

だんじりの前に板を乗せ舞台を作ります。
DSC_4861
青年会が下に入ってそれを支えています。

「長き口上は進行の妨げ」
DSC_4865

「三番叟、三番叟の、始まり!始まり!」
DSC_4867
DSC_4869

足を地面につけてはいけないので、社務所から担がれて登場します。
DSC_4878
DSC_4882

舞台の上に乗りました。
DSC_4883
DSC_4885

カタッ
DSC_4889

カタッ
DSC_4891

カタッ
DSC_4892

きびきびした動作で首を左右に振りました。
DSC_4893

木をたたく音と動作が一致します。
DSC_4894

三番叟の舞は五穀豊穣を寿ぐといわれています。 
DSC_4896
DSC_4897
DSC_4899
DSC_4902
DSC_4903
DSC_4904

種まきを想像させる動作です。
DSC_4905
DSC_4907
DSC_4908
DSC_4909
DSC_4910
DSC_4911
DSC_4912

足で踏む様子は農事にかかわる地固めを思わせる動きです。 
DSC_4914
DSC_4916
DSC_4918
DSC_4922
DSC_4927

これらの動作に豊作祈願の意図がうかがえます。

三番叟が終了しました。 
DSC_4931

仲間に担がれて社務所へと戻っていきました。
DSC_4932

私が過去に訪問した範囲で三番叟が見れるのはここだけです。よそでは見れないものなので興味のある方は是非現地に行ってみてください。

下のボタンを押していただくと、ブログ村ランキングのポイントが付きますので、お手数ですが押していただけると助かります。(有効カウントは1日1回のみ)

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ

|

« 2月20日 法被バースデー to 勇君 | トップページ | 2月21日 法被バースデー to 山川さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月20日 法被バースデー to 勇君 | トップページ | 2月21日 法被バースデー to 山川さん »