« 平成31年4月7日 住之江區新調だんじり入魂式・お披露目曳行(式典編) | トップページ | 【告知】彫り物ひねもす博覧会(開催予定日:令和元年六月一日)  »

平成31年4月7日 住之江區新調だんじり入魂式・お披露目曳行(午後曳行編)

前編に引き続き「平成31年4月7日 住之江區新調だんじり入魂式・お披露目曳行(午後曳行編)」です。

15時過ぎに午後曳行が始まりました。
DSC_9608

会館前をそのまま少し進み、交差点で向きを180度変えました。
DSC_9615
DSC_9622

会館前を通過し
DSC_9627

一つ目の交差点を左折して、阪神電車のほうへ向かいます。
DSC_9637

公園の横を通りましたが、ここには桜がなく、だんじりと桜は撮れませんでした。
DSC_9642

蕾組、知った顔のメンバはほとんどいなくなりました。
DSC_9649

前を持ち上げ右折します。
DSC_9654

かなり重そうです。
DSC_9657

小さな子供たちも蕾組のお姉さんに交じって頑張ってました。
DSC_9671

地区内の路地を曳行しながら、阪神の高架を目指しています。
DSC_9676
DSC_9690

一つめのチェックポイントの阪神高架下です。
DSC_9711

元々、ぎりぎり通れるように測って作っていますが、実際に通るか確認しています。

高さ3.8Mの高架下、ぎりぎり通過しました。
DSC_9718

高架をくぐったら、ここで向きを右折して、少し線路沿いを曳行しました。
DSC_9729

御影東之町との境目あたりまで来ました。
DSC_9745

右折して、坂道を上がっていきました。
DSC_9752

ご祝儀をいただいたようで前をあげています。
DSC_9755

茶屋區の会館前を通過しました。
DSC_9773

2号線を通過し
DSC_9782

今度はJRの高架下を通れるかチェックしました。
DSC_9789

こちらもぎりぎり通れそうです。
DSC_9799

この時、板谷棟梁が横におられたので「だんじりと同じ大きさの棒を用意して、事前に測ってれば通れるかわかりますよね。」と言ったら、「もちろん、うちは測ってますよ」と回答がきました。そら、そうですよね。

予定では高架下を通過して1つ目で向きを変える予定でしたが、高架下を通過できるか確認できたら、バックで戻りました。

2号線まで戻り、2号線を曳行しながら本住吉神社へと向かいます。
DSC_9812

参道へ入ってきました。
DSC_9821
DSC_9830

境内で少し回しました。
DSC_9842

この日は屋根の上の人は少なかったですが、宮入ではかなりたくさんの人が乗ります。
DSC_9843

だんじりが大型化され重くなった上に、屋根が大きくなったことでより多くの人が乗れるようになったので、回すのはかなり大変そうです。
DSC_9857

いよいよ小屋へ納めます。
DSC_9865
DSC_9889

最後の力をふりしぼって、団扇をふっています。
DSC_9891

以外にも細かな切り返しはそれほどしなくても、すんなりと小屋へ入っていきました。
DSC_9897

提灯が当たるように見えましたが、そのまま入れました。
DSC_9905

ゆっくりと下げていきました。設計上では前後は1センチくらいの余裕しかありません。
DSC_9913

無事に小屋に収まりました。

住之江區の皆さま、立派な新調だんじりの誕生おめでとうございます。これから令和の時代の祭りをこのだんじりで楽しんでください。

下のボタンを押していただくと、ブログ村ランキングのポイントが付きますので、お手数ですが押していただけると助かります。(有効カウントは1日1回のみ)

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ

 

|

« 平成31年4月7日 住之江區新調だんじり入魂式・お披露目曳行(式典編) | トップページ | 【告知】彫り物ひねもす博覧会(開催予定日:令和元年六月一日)  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成31年4月7日 住之江區新調だんじり入魂式・お披露目曳行(式典編) | トップページ | 【告知】彫り物ひねもす博覧会(開催予定日:令和元年六月一日)  »