« 2月18日 法被バースデー to 松葉さん | トップページ | 2月19日 法被バースデー to つみきちゃん »

平成30年1月21日 額原町餅つき with だんじり

もう1ヶ月近く前になりますが、平成30年1月21日は額原町で餅つきが行われ、だんじりを見ることができました。日差しが強かったのであまり綺麗に写らなかった部分もあるので過去に撮影した写真も交えてご紹介します。

↓まずは姿見から
DSC_3126
製作:平成七年(平成八年完成)
大工棟梁:植山良雄
彫刻師:井上進一

ではいつものように大屋根廻りから(向き)
DSC_3122

↓枡合正面:白河上皇碁打
P1296061

↓枡合右面:鶴岡八幡宮
DSC_3132

↓枡合左面:布引の滝
P1296074

視線を落として

↓番号持ち
DSC_3117

後ろに廻ってみます。小屋根廻りです。(向きは後正面からだんじりに向かって左右)

↓枡合正面:五条大橋の出会い
DSC_3150

↓枡合右面:羅生門禁礼
DSC_5819

↓枡合左面:戸隠の青嵐
DSC_3141

↓摺出し鼻 右
DSC_3168

↓摺出し鼻 左
DSC_3169

↓大脇竹の節 右
DSC_3155

↓大脇竹の節 左
DSC_3144

↓旗受
DSC_3148

↓龍の足が彫られているのは珍しいかも?
DSC_3143

マニアさんも食い入るように撮影をしていました。
DSC_3165

公開が遅くなってすいません。お待たせしました。
DSC_3103
DSC_3162

さて大屋根枡合正面の「白河上皇碁打」ですが
DSC_3127

【碁石山の山号について】

白河上皇(人皇七二代)紀伊の国熊野へ行幸(1090年)の際、小栗街道上の浄行寺塚(もと草舞台という古書に明記)に立ち寄られ此の丘上にある円塚の見晴らしの良い所を選んで酒をすゝめたり、碁を囲まれたと云うので浄行寺の山号を碁石山と伝えている。又この円塚の上に碁盤石及び腰掛石と名付けし石は現存している。(和泉郷土史研究会員 上林位志雄氏記載史料より抜粋)

↓町内にある浄行寺
DSC_9878
ちなみに住職は同級生です。

↓碁石山浄行寺縁起
DSC_9891

↓これがその「碁盤石と腰掛石」だそうです。
DSC_9897
ここに白河上皇が腰をかけ、碁を打ったそうです。

下のボタンを押していただくと、ブログ村ランキングのポイントが付きますので、お手数ですが押していただけると助かります。(有効カウントは1日1回のみ)
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
 

|

« 2月18日 法被バースデー to 松葉さん | トップページ | 2月19日 法被バースデー to つみきちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年1月21日 額原町餅つき with だんじり:

« 2月18日 法被バースデー to 松葉さん | トップページ | 2月19日 法被バースデー to つみきちゃん »