« 1月21日 法被バースデー to 西尾さん | トップページ | 1月22日 法被バースデー to 信司さん »

平成30年1月14日 豊中町新調地車記念誌撮影

平成30年1月14日は豊中町新調地車記念誌撮影に便乗して豊中町新調地車の撮影をしてきました。入魂式や撮影会は都合が合わず行けなかったので、初めて見させていただきました。(文中の解説にはいたるところ豊中町Uさんの説明を使わせていただいております。利用させていただきありがとうございます。)

9時頃小屋から出されました。
DSC_2565

当日は結構日差しが強く撮りにくかったです。

まずは大屋根廻りから(向きはだんじりに向かって左右)

↓車板:天乃岩戸
DSC_2654

枡合には氏神である泉穴師に所縁のある楠一族の物語で統一されています。また、拝殿に地車を据えた際、それぞれの物語がそれぞれその物語の方角を向くように施してあるそうです。

↓枡合正面(北東の高槻市方面):楠公父子訣別 櫻井乃驛
DSC_2598
櫻井とは奈良県の桜井ではなく、現在の大阪府三島郡島本町桜井のことです。

↓枡合 右面(西の兵庫県の方向):楠正成 帝 兵庫奉迎
DSC_2742

↓枡合 左面(南東の奈良県の方向):楠正行如意輪堂乃場
DSC_2607

よく考えられてますね。

腰廻りです。

DSC_2588
↑土呂幕 正面:一閃日本號 後藤又兵衛 半田寺山

↓後藤又兵衛をドアップで
DSC_2641

DSC_2740
↑土呂幕 右面:薄田隼人 道明寺合戦

DSC_2585

↓薄田隼人をドアップで
DSC_2584

DSC_2567
↑土呂幕 左面:塙団右衛門 樫井合戦

↓松良 右:真田幸村 平野地雷火
DSC_2601

ちなみに犬勾欄のところに「瓢箪」と「馬が左に書かれた駒」が見えます。「瓢箪から駒」。この駒とは馬の意味であるが、ここでは駒を将棋の駒と掛けてある。その馬を左馬にする事で【左(サ) 馬(マ)になる】となる。【願いが叶いサマになる地車】と言う意味だそうです。
(facebookのUさんのタイムラインより引用)

↓真田幸村をドアップで 
DSC_2648

↓松良 左:片桐且元 木村長門守 長柄堤訣別乃場
DSC_2593

後ろに廻ってみます。(向きは後ろからだんじりに向かって左右)

DSC_2613

↓懸魚:雲海に青龍 奥に日輪月輪
DSC_2722

↓車板:素戔嗚尊 大蛇退治
DSC_2760
↑通し枡合 正面:本能寺乃変

↓奥の部分をドアップで 森蘭丸かな
DSC_2750

通し枡合 右面:本能寺乃変
DSC_2617

通し枡合 左面:本能寺乃変
DSC_2748

ちなみに「通し枡合」とは初めて聞いた言葉なんですが、facebookのUさんのタイムラインに次のような説明がありました。

通し枡合とは、当町独自の呼称で小屋根の枡合部分を通し枡合と呼んでいます。
これは、基本構造は二重見送りであるのですが、豊中町の小屋根には蛇腹支輪が施してあり、平側の真板は妻側のそれに対して蛇腹支輪の施工の為、組物が一段下がっている構造です。依って妻側•平側で真板に段差が生じるので、天井板が必要な二重見送りには蛇腹支輪は不向きと考えられます。しかし、真板の内側に井桁に下りを組み、それで天井板を支える事により二重見送り構造が可能となります。
また蛇腹支輪とした際は、平側枡合上部が通常よりも二段分低くなるのですが、その事でかえって枡合開口部より中に入ると空間が広がる様な構造となり、例えるなら小穴から模型を覗くような、透視型立体模型【ジオラマ】形式となり、二重見送りには不向き考えられた蛇腹支輪とのコラボも見事に融合されました。
また、こちらの要望であった【小屋根の組物の貫を一切内側に見せない様に•••】との旨も完璧に叶えて頂いた【大下工務店】様の英知に敬意を表し、従来の二重見送りとは一線を画す意味でも、敢えて【通し枡合】と呼称しました。
呼び名の趣意は、一見には奥の深い枡合の様に見えるも、三方の枡合が通っている透視型立体彫刻構造と言う意味で【通し枡合】と呼称しました。

↓摺出鼻 右:盛惣もり
DSC_2668

↓摺出鼻 左:豊中に伝わる飯之山神事 〆縄造り
DSC_2735

↓大脇竹の節 右
DSC_2763

↓大脇竹の節 左
DSC_2761

↓見送り 正面:賤ヶ嶽合戦
DSC_2730

↓奥まで望遠で狙ってみました。
DSC_2733

↓見送り 右面:賤ヶ嶽合戦
DSC_2568

↓佐久間玄蕃突入!
DSC_2673

↓それを迎え撃つ 秀吉
DSC_2675

↓見送り 左面:賤ヶ嶽合戦
DSC_2609

↓見送り下 正面:姉川合戦
DSC_2727
↑旗受:太鼓橋

↓見送り下 右面:三方ヶ原合戦
DSC_2616

↓見送り下 左面:川中島合戦
DSC_2656

↓信玄・謙信一騎打ちの場面をドアップで
DSC_2716

他にも隠れキャラやこだわり満載の地車でした。町の人のこだわり、それを実現した大工さん、彫師さんの技の集大成ですね。

当日は撮影させていただきありがとうございました。まだまだ十分に撮れてない部分もありますのでまた機会があれば撮影させていただきたいと思います。

下のボタンを押していただくと、ブログ村ランキングのポイントが付きますので、お手数ですが押していただけると助かります。(有効カウントは1日1回のみ)
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
 

|

« 1月21日 法被バースデー to 西尾さん | トップページ | 1月22日 法被バースデー to 信司さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年1月14日 豊中町新調地車記念誌撮影:

« 1月21日 法被バースデー to 西尾さん | トップページ | 1月22日 法被バースデー to 信司さん »