« 3月30日 法被バースデー to 鳴物命さん | トップページ | 3月31日 法被バースデー to 貴彬君 »

平成29年3月26日 大東餅つき with だんじり

平成29年3月26日、4か所目の「だん活」は堺市津久野地区大東です。餅つき時にだんじり小屋も開けられていました。
 
DSC_0136
 
↓まずは大屋根廻りから(向きは正面からだんじりに向かって)
DSC_0070
 
↓鬼板に獅噛があります
DSC_0128
旧市では紙屋町や筋海町で見られます。比較的堺地区のほうが獅噛が彫られている率が高い気がします。上だんじり時代の名残りでしょうか?
 
↓さらにアップで
DSC_0132
 
↓懸魚:雲海 奥には日輪が見えます
DSC_0133
 
↓枡合正面:神武東征
DSC_0078
二重枡合です。

↓枡合左下段:神功皇后三韓を征す
DSC_0127
 
↓枡合右下段:大蛇退治
DSC_0089
 
↓木鼻 左
DSC_0081
 
↓木鼻 右
DSC_0083
目線を下げて腰廻りです。
 
↓番号持ち:源義経
DSC_0080
 
↓土呂幕:川中島の戦い 信玄、謙信一騎打ち
DSC_0124
信玄と謙信の位置がよく見る配置と逆になっています。流木町、大園(流木先代)と同じ配置です。
 
↓土台には左馬の絵が描かれています。
DSC_0075
左馬とは「馬」の字を左右逆に書いた文字。縁起物の文字とされる。 〔「うま」を逆に読んだ「まう(舞う)」が古来めでたい席で催されるからとも,「馬」の字の下の部分を財布の巾着に見立ててお金がたまるからとも言われる〕 (三省堂 大辞林より引用)
 
後ろにまわってみます。まずは小屋根廻りから(以降向きは後ろからだんじりに向かってになります。)
↓大屋根と同じで鬼板に獅噛があります
DSC_0106
 
↓懸魚:雲海 奥には月輪が見えます
DSC_0102
 
↓菱形扇垂木です。堺市で最初に採用したそうです。
DSC_0121
 
↓枡合正面:児島高徳、櫻木に和歌を詠む
DSC_0101
 
↓枡合左面:村上義光 錦の御旗を奪還す
DSC_0092
 
↓枡合右面:新田義貞 稲村ケ崎の湯
DSC_0110
 
以下向きは前から
↓大脇物見 右:源義経の腰掛岩
DSC_0122
 
↓大脇物見 左:源義経御札書・馬鞍奉納
DSC_0115

↓左:昨年の鳴物責任者、右:今年の鳴物責任者
DSC_0138
 
↓昨年の祭りの時に撮った写真を見るとたしかに鳴物責任者の襷してましたね。
DSC_4932
今年の鳴物責任者はプロボクサーだそうです。減量の仕方教えてください。できれば楽な方法で。
 
↓今回は、のり君と会えず残念。小屋開きの時には縁がないようです。
DSC_4931
この日もだんじりを撮影させていただき、ありがとうございました。特に昨年の鳴物責任者の方には色々と教えていただき、ありがとうございました。
 
下のボタンを押していただくと、ブログ村ランキングのポイントが付きますので、お手数ですが押していただけると助かります。(有効カウントは1日1回のみ)
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
 

|

« 3月30日 法被バースデー to 鳴物命さん | トップページ | 3月31日 法被バースデー to 貴彬君 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199151/70078547

この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年3月26日 大東餅つき with だんじり:

« 3月30日 法被バースデー to 鳴物命さん | トップページ | 3月31日 法被バースデー to 貴彬君 »