« 2012年神戸祭華編 | トップページ | 2012年神戸市住吉地区吉田區特集 »

大阪市生野区中川だんじりご紹介

今回は、5月13日に撮影しました中川のだんじりの彫り物を紹介したいと思います。前回の祭華編とはうって変って女っけなしですが、見事な彫り物をご覧ください。

中川の初代だんじりは1945年戦争にて消失。51年新調の2代目の老朽化が進み、平成10年に懸魚や車板、枡合・土呂幕などの彫物を新調。平成21年三枚板の新調修理。これにより彫物はすべて新調入れ替え完了。約10年をかけ3代目に生まれかわりました。

大工:大下工務店
彫刻:木下彫刻工芸

↓まずは全体の姿見から
P5138787

↓屋根のまわりをもう少しアップにしてみましょう。
P5138811
↑枡合 正面:神武東征

↓獅噛み
P5138575

↓懸魚:翠岩
P5138577
翠岩について少し調べてみました。「江戸時代に中川に生まれ、社会事業家として村に尽くした篤志家だそうで、生来慈悲心が深く、道路を整備し架橋するなどした。」人物だそうです。中川ゆかりの人のようです。

それでは左側にまわってみます。(向きはだんじりの正面に立っての向きになります。)

↓枡合
P5138813

↓虹梁:本能寺の変
P5138817
ちょっとアップによりすぎましたね。織田信長が写ってません。すいません。

今度は右側です。

↓枡合 右:神功皇后応神天皇平産す
P5138581

↓虹梁:秀吉尼崎ノ難
P5138583

次はだんじりの内側も見てみましょう。覗きこまないと見えないとこにも非常に細かい彫り物がありました。中川のこだわりだと思います。


P5138590

左 上
P5138587

左 下
P5138585

右 上下
P5138610

後ろ
P5138592


今度は後ろにまわってみましょう。
P5138630

↓懸魚:天の岩戸
P5138716

↓車板:親子獅子
P5138721
↑枡合 正面

↓枡合 左
P5138607

↓枡合 右
P5138594

そして、中川自慢の他に類を見ない程のボリューム感ある見送り。

↓正面
P5138616

もうちょっとよってみましょう。
P5138795
本当に圧倒されます。

↓見送り 正面:一の谷の合戦 熊谷直実と平敦盛の戦い 
P5138618

↓見送り 左:木曽山中合戦
P5138604

↓見送り 右:屋島の合戦 義経弓流し
P5138596

土呂幕の前後(地車の四角)に「四獣神」

↓前 左:玄武
P5138734

↓前 右:白虎
P5138736

↓前 左:朱雀
P5138729

↓後ろ右:青竜
P5138740

まだまだ、素晴らしい彫り物があったと思いますが、以上で中川のだんじり紹介を終わらせていただきます。

今回の記事を記述するにあたり、清見原神社公式サイトなどを参考にさせていただきました。http://www.kiyomihara-jinja.com/nakagawa/

おかげさまでブログ村の「祭り・イベント部門」の1位を守っております。お手数ですが、今後も継続してポチッとをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ

|

« 2012年神戸祭華編 | トップページ | 2012年神戸市住吉地区吉田區特集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市生野区中川だんじりご紹介:

« 2012年神戸祭華編 | トップページ | 2012年神戸市住吉地区吉田區特集 »