« 祭終の美 | トップページ | 2012年住之江區特集 »

橋本市小原田だんじり(=池尻町先代だんじり)彫り物調査

先日ブログにも書かせていただきましたが、5月20日に和歌山県橋本市小原田のだんじり見学会へ行ってきました。

↓2012年5月20日橋本市小原田だんじり見学会
http://saisyaraku.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2012520-b9b1.html

その時に「図柄表を作りたいので彫り物を教えて欲しいと言われました」。あいにく私は彫り物については詳しくないので、町の大先輩に連絡をとり資料を探していただきました。

私も所有している数冊の本を元に調べてみました。土呂幕や見送りはこの左の本に記載がありました。
P5280062

枡合部分は彫り物を見て、私自身の過去のブログに載せた他町の彫り物と比較してわかる範囲で小原田だんじり見学会編でブログに載せさせていただきました。

数日後、資料がみつかったと大先輩から連絡がありました。私も初めて出会った本でした。
P5280034
P5280049

↓昔のだんじり小屋前での撮影です。急な坂道の途中にあり、前の道幅も狭く出し入れにいつも苦労していました。
P5280047
↑よく見ると今と違い切妻型ですね。

P5280046
P5280044
P5280040

↓見送りが「関ヶ原の合戦」となっておりますが、観光協会発行の資料では「桶狭間の合戦 富士の巻狩」と記載されていました。おそらく後者が正解ではないかと思います。
P5280036

この資料によると製作時は3m10cmだったようです。大修理の時に大きくなりました。この大修理は天野工務店で行われ、この時に切妻型から入母屋型に変わりました。大修理した時期は大先輩と会話したところ。「Hちゃんが団長やったから、昭和54年や」とのことでした。私の記憶でも私が中学生時代だったので、その年で間違いないかと思います。

P5280051
非常に貴重な資料でした。K先輩ありがとうございました。


しかし、このシーンがどうしてもわかりません。
P5200059
ということで彫り物に非常に詳しい、ひろたみさんに確認してみました。

ひろたみさん説では『題材は“鎮西八郎為朝の強弓”やと思います。 』と返事をいただきました。お忙しい中、回答ありがとうございました。

↓ひろたみさんのブログはこちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/tsujinaka373/63640948.html

ちなみに私が所有しているだんじり関係本です。
P5280060
↑文字が多いですが、貴重な内容が多数記載されていました。

P5280057
↑↓写真を撮るのに参考になります。
P5280064

↓読み物としても面白いです
P5280055

↓いろんな地域の祭りの様子が伺えます。
P5280053
もし今、このような本を作成するなら、たくさん写真を提供できそうです。 だんじり界で有名な人の名前も写真提供者で載ってました。

↓こちらは、あの超マニアの名前が表紙に載ってました。
P5280066

振り返ると結構いろいろ本を買っていたもんです。また時間のある時に読み直してみようと思います。

おかげさまでブログ村の「祭り・イベント部門」の1位を守っております。お手数ですが、今後も継続してポチッとをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ

|

« 祭終の美 | トップページ | 2012年住之江區特集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋本市小原田だんじり(=池尻町先代だんじり)彫り物調査:

« 祭終の美 | トップページ | 2012年住之江區特集 »