« 2011年南河内だんじり見物 10/16その4(サンヨーメディカル編) | トップページ | 2011年南河内レディース編 »

2011年南河内だんじり見物 10/16その5(古墳パレード~寛弘寺デイリー編)

南河内シリーズもそろそろ終盤になってきました。今回はサンヨーメディカル後~古墳パレード~寛弘寺デイリー編を書かせていただきます。

サンヨーメディカルを出発し、古墳への移動途中に馬谷のだんじりを発見しました。
PA160815
PA160816
PA160829

芹生谷もやってきました。
PA160818
PA160834

ファミリーマートの駐車場で仲良く並んで休憩に入りました。
PA160836

ここまで見て再び自転車で移動し、古墳へとやってきました。

東板持のだんじりです。先日ブログに書いた、後ろの真ん中の棒です。
PA160839

おそらく後コマ用のブレーキと思われます。珍しいですね。
PA160840

北大伴
PA160847

古墳の上に登ると、西板持がパフォーマンスを行っていました。
PA160849

だんじりの前に多くの青年団員が乗り、盛り上がっていました。
PA160854

南河内のだんじりは提灯が青や赤で、とっても派手です。
PA160857

休憩中の南大伴
PA160862

提灯の色がいろいろあり綺麗です。
PA160865

パレードが終わり各だんじりは帰っていきます。

東板持
PA160879

北大伴。レディースの手に持っているものが色鮮やかです。
PA160893

南大伴。今年はここでの写真が最後です。すいません。
PA160902
PA160905

西板持。青色の提灯がとても綺麗です。
PA160912

非常に盛り上がっております。いい雰囲気です。
PA160915

カーブミラーの横で撮影していたので、カーブミラーに映りこんだだんじりを撮ってみました。
PA160933

寛弘寺と西板持があわせていました。昨年はこんなシーン見なかったのですが、毎年してるんですかね?
PA160934

2台一緒だと非常に盛り上がっています。
PA160941

寛弘寺デイリー前の交差点では神山がいました。ほんと河南、富田林など南河内のだんじりの提灯は色鮮やかです。
PA160952

いよいよギャラリー期待の寛弘寺がやってきました。バイク、車の爆音とともに登場です。
PA160954
PA160963
PA160965

たくさんの赤色の風船が飛ばされました。
PA160973

そして花火。このシーンを狙っていたのですが、なかなかうまく撮れません。昨年と花火の方向が違うし、右ののぼりも写りこんでしまいました。来年こそリベンジしたいです。でもギャラリーが多く難しいですね。
PA160985

多くのギャラリーに見送られながら、寛弘寺は帰っていきました。こうして南河内の秋祭りは終わりを告げました。今も曳き唄や掛け声が耳に残っています。「よっさい!よっさい!よっさい、こーりゃ!」
PA161002

ちなみに、この時の様子は、だんじり放浪人さんのブログにも掲載されております。よかったらそちらのほうも訪問してみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/toko_chii723/6722633.html

次回は、既に公開している写真と重複するものが多いですが、南河内レディース編を掲載予定です。

|

« 2011年南河内だんじり見物 10/16その4(サンヨーメディカル編) | トップページ | 2011年南河内レディース編 »

南河内」カテゴリの記事

コメント

初コメントどうぞよろしく。
写真綺麗ですね。
毎年、寛弘寺=派手・神山=渋い・・・
みたいな感じでパレードしてますけど、
今年は提灯のピカピカ。リレーというのを
寛弘寺だけでなく、神山・中もしてましたから
すごい見ごたえあったかなぁと思ってます。

あと青年團(秘密)に入っているんで
よかったら来年あえたら嬉しいです。

投稿: ○○青年団 | 2011年10月29日 (土) 15時36分

○○青年団さんコメントありがとうございます。昨年より、このあたりの地区のだんじりを拝見させていただいております。来年も都合をつけて是非見に行きたいと思ってります。曳き唄にあわせて楽しそうに曳いていくのが印象的です。来年お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: 祭写楽 | 2011年10月29日 (土) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年南河内だんじり見物 10/16その5(古墳パレード~寛弘寺デイリー編):

« 2011年南河内だんじり見物 10/16その4(サンヨーメディカル編) | トップページ | 2011年南河内レディース編 »