« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

岸和田市五軒屋町

岸和田市五軒屋町のだんじり紹介です。五軒屋町は岸城神社の灯明係であったことから、大屋根正面下に提灯をつけて宮入りを行います。またクジ引きなしの宮3番の特権を持っています。岸城神社の神殿が切妻型であることから、切妻型のだんじりとなっています。

P9205025P9205027
・宮入り神社:岸城神社(番外三番)
・新調:平成10年
・大工:植山良雄
・彫師:岸田恭司
・土呂幕:正面-大阪冬の陣(槍摺乃鎧)
     右面-川中島の合戦(龍虎相討つ)
     左面-本能寺の変
・見送り:賤ヶ岳合戦

P9063509P9184211
P9194334P9205267

かつてNHKドラマ「ただいま」の撮影のために曳行を行いました。

撮影006撮影002
撮影003

岸和田だんじり祭 だんじり若頭日記 Book 岸和田だんじり祭 だんじり若頭日記

著者:江 弘毅
販売元:晶文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TABLE>

泉州岸和田 だんじり祭

Music

泉州岸和田 だんじり祭

アーティスト:囃子
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2009/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

岸和田祭音百景 平成地車見聞録 (CD付) Book 岸和田祭音百景 平成地車見聞録 (CD付)

著者:森田玲
販売元:民の謡
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田市上町

岸和田市上町のだんじり紹介です。上町は岸城神社に穀物を献じていた町で岸城神社の宮入りでは、クジびきなしの番外2番の特権を持っています。岸城神社の神殿が切妻型であることから、切妻型のだんじりです。

上町P9140118P9205018

・宮入り神社:岸城神社(番外ニ番)
・新調:昭和4年(昭和の御大典を記念に新調)
・大工:植山宗一郎(棟梁として初めて手がけた、だんじりです)
・彫師:開正藤、開生珉
・土呂幕:正面-川中島合戦 信玄謙信一騎打、
     右面-本多出雲守 荒川熊蔵の一騎打
     左面-加藤清正 新納武蔵守の一騎打
・見送り:上段-大阪城夏の陣,下段-本能寺

P9205276P9194477P9194450P9194472

1999年5月16日の修理入魂式の様子です。私がデジカメでだんじりを撮り始めた頃の写真です。
上町001上町003
岸城塔ノ原線がギャラリーであふれかえっています。

尚、上町の鳴り物はCD化され販売されております。かじや町の民の謡とかで販売してると思います。私はこのシリーズはすべて購入してます。

岸和田だんじり祭 上町の鳴物[3560] 岸和田だんじり祭 上町の鳴物[3560]
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田市宮本町

11月も半ばを迎え、だんじりが動くイベントも終わりましたのでこれからは各町の紹介をしていきたいと思います。
まずは岸和田市宮本町のだんじりを紹介したいと思います。宮本町と言えば岸城神社の宮入りでは、クジびきなしの宮1番ですが、元々は上町が1番だったそうです。その昔、上町がだんじりを曳行しなかった時期があり、宮1番になったとのことです。

また、岸城神社の神殿が切妻型であることから、宮本町、上町、五軒屋町のだんじりは切妻型(※1)と決まっております。またコナカラ坂は町旗でかけあがり、その後、ふきちりに付け替えて宮入りを行い、宮入後は再び町旗で帰るらしいです。(参考:だんじり雑考)

P9205326P9194340
・宮入り神社:岸城神社(番外一番)
・新調:平成20年(7月20日(日)入魂式)
・大工:吉為工務店
・彫師:木下彫刻工芸
・土呂幕:正面-夏の陣道明寺薄田隼人、
     右面-義経八艘飛、左面-筑後川の合戦(太平記)
・見送り:大坂夏の陣
P9063503P9194579

平成20年7月20日(日)の入魂式の様子
P7205969P7206007

(※1)切妻型と入母屋型について
切妻型と入母屋型は大屋根の隅木と垂木を見れば区別できます。隅木がなく、垂木が等間隔に大屋根と垂直になっているのが切妻型です。隅木があり、隅木を中心に垂木が扇形に開いているのが入母屋型です。

 上:下野町(切妻型)、下:中北町(入母屋型)
 PB088908

P9147236

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月8日泉佐野某所(旧下野町)だんじり搬入

本日午後からは泉佐野某所へ行ってきました。情報を掴んだ多くのギャラリーが待ちうける中、トレーラーに乗って旧下野町のだんじりが泉佐野某所へとやってきました。

PB088882PB088886

下野町の人々は南海バス5台?をチャーターしてやってきました。
だんじりのほうが後から着いたのですが、多くの下野町の祭礼関係者からは曳く気マンマンの雰囲気が漂っていました。私を含めギャラリーもおそらく購入者宅までの移動だけではなく、町内を曳行されることと思っていたと思います。

PB088891PB088893

後ろから非常に多くの人がついております。追い越すこともままならず、そのまま後ろをついて行きました。最短ルートで個人宅に向かい、あっさりと敷地内へと入っていきました。敷地内には地蔵堂の先代だんじりが出されており、その横へ旧下野町のだんじりは据えられました。

PB088898PB088904PB088908

これが、だんじり2台を格納する小屋です。大きいですね。PB088918

彫り物も少し撮りました。
PB088923PB088925
PB088928

旧下野町のだんじり90年間お疲れ様でした。

PB088926PB088936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月8日堺市太平寺昇魂式

本日は朝から堺市の太平寺の昇魂式を見てきました。

団長も綱元も若い女性もみんなええ顔してます。
PB088727PB088760

PB088819

色とりどりの法被がありました。
大工方は赤色と青色の法被の人がいてました。小さい子供はおそらく特注の法被。お父さんが大工方でお揃いなのでしょうか?かわいかったです。

PB088755PB088814

団扇の文章もステキです。誰が考えるのでしょうか?よく思いつくもんです。
PB088734

最後は会館の前でだんじりに感謝。
PB088847

昇魂の儀です。神主さんにお祓いを受けております。
PB088865

太平寺の皆さまお疲れ様でした。次は入魂式ですね。来春が待ち遠しいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月3日堺市向ヶ丘だんじり祭り

11月3日は堺市向ヶ丘のだんじりを見に行ってきました。思い起こせば私がブログを書きはじめたのは4月26日の向ヶ丘が最初でした。それから約半年だんじりが動いたときを中心にブログを書いています。

入魂式の時もそうですが、子供たちが本当にうれしそうに曳いています。
PB038548PB038574

だんじりは小ぶりですが、坂道も多く、青年団も少ないようなので、町にあったサイズだと思います。今回も以前このだんじりを曳いていた助松から助っ人が来ていたようです。

PB038570PB038654

PB038655PB038645

神社に宮入りをして、お祓いを受けています。
PB038624PB038596

PB038595

やりまわしも数回行われましたが、ちょっと危ない雰囲気でした。
PB038689PB038695

私は午前曳行だけ見て、ひきあげました。向ヶ丘のみなさんお疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下野町昇魂式

10月31日は下野町の昇魂式前夜祭、11月1日は昇魂式を見に行ってきました。

31日の前夜祭の様子です。たいこ橋は人でいっぱいです。
PA318442

途中いったん休憩となりました。
PA318454

2回目のたいこ橋です。すごい勢いで駆け上がります。
PA318476

一夜明けて11月1日は昇魂式です。昨日以上のものすごい人出です。5時18分頃暗闇の中でスタートです。春木南へ向けて出発です。
P2013602

各町だんじりをだして下野町を見送ります。南町とは大屋根が接触しそうなくらい接近しました。
P2013619P2013629
P2013638P2013633

カンカン場はすごい人です。あまりにも人が多いのでそこでの撮影は断念しました。
PB018533

林眼科の前では天神地区の沼町、別所町、藤井町がお見送りです。
P2013655

お祓いです。魂を抜きます。
P2013676

町へ向けて帰ります。
P2013696

心配された雨も降らず。無事に終了しました。

おまけ
P2013622
新旧の纏いを昔の法被をきた人が持っています。
今の法被を含め5種類(大工方除く)の法被を見つけました。

私も下のCDを購入しました。たしかに昔の鳴り物はうまいと思います。鳴り物係や将来鳴り物係を希望する人はぜひ聞いていただきたいと思います。

泉州岸和田 だんじり祭 Music 泉州岸和田 だんじり祭

アーティスト:囃子
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2009/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »